< Fargen Town House 20 【送料無料】 --www.suriasabah.com.my




Townhouse 20は、50年代~60年代のビンテージFenderのトーンを再現できる様にデザインされたFargen最新モデルです。
小型のクラスAヘッド"Townhouse"で実現できたビンテージFenderトーンを、6V6プッシュプル20Wパワーアンプと12inchスピーカーのコンビネーションで、ライブでも使えるコンボスタイルに収めました。
このスペックで、約51 x 48 x 26 cm/12kgと、コンパクトで持ち運びに便利なサイズは、クラブギグに最適です。

「50's/60's」ノブは、50'sの「ツイード」サウンドと60'sの「ブラウン・フェイス」サウンドの変化をスムーズにコントロールします。
Townhouse 20は代表的な2つのビンテージトーンを1つに収めた、驚くべきコストパフォーマンスのブティックアンプなのです。
本製品は、一台一台USAでハンドメイドされています。Fargenの高いクオリティーとサウンドをお楽しみください。

<コントロール>
●50's/60's:サウンドのキャラクターコントロール
●VOLUME:ボリューム●TONE:トーン
●MASTER:マスターボリューム

<スペシフィケーション>
●6V6 x2プッシュプル20Wパワーアンプ
●12AX7 x3本のプリアンプ部
●GZ34整流管を使用しています。
●16Gアルミニウムシャーシ
●Mercury社製のビンテージ・レプリカ・トランスを使用しています。
●Fargenカスタムカーボン抵抗を使用しています。
●ブティック系アンプで人気のWAREHOUSE製 12インチ"REAPER"スピーカーを搭載
●509W x 482H x 257D mm、12kg

正規輸入しているFargen製品、100V仕様です。

<Ben Fargen (ベン・ファージェン/Fargen Amps 代表)>
彼が若い頃、演奏で使い込んだアンプのメンテナンスが必要だったのですが、残念ながら彼の住む地域にはビンテージものをメンテナンスできるテクニシャンはいませんでした。
そこで、彼はインターネットや電子工学のコース、チューブアンプに関する文献を徹底的に研究し、実機で試しながらメンテナンスを習得して行きました。
1年ほどたって基本をマスターした後、アンプのプロトタイプを完成させ、ライブでの演奏に使うようになったのでした。
これがFargen Ampの始まりです。1998年頃でした。

2007年にCarvinに入社したベンは、スティーブ・ヴァイのためにLEGACY 2を開発しました。
スティーブは、当時のインタビューでベンのアンプを繰り返し賞賛しています。

ベンは世界的ミュージシャンとの関わりも多く、ジョー・サトリアーニのビンテージ・アンプ・コレクションのメンテナンスに10年以上も関わっており、マイケル・ランドゥやグーグードールズのためにもカスタムアンプも製作しています。
これらのアーティスト達は今もFargenアンプも使用しており、ジョー・サトリアーニの最近の作品「Unstoppable Momentum」でRetro Classic headのサウンドを聴くことができます。
また、2011年にリリースされたAgile PartnersのiPhoneアプリ「AMPKIT」では、3種類のFargenアンプがモデリングされています。

ベン自身もClaire Voyantというバンドで20年以上ギタリストとして活躍をしており、現在もプレイヤーとしてプロトタイプなどをステージで自ら試しています。

【即納可能】【あす楽】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。

がまかつ(Gamakatsu) がま磯 インテッサG-V 2.5号-5.3m